疲労骨折からの早期回復_スポコラ

筋力低下の悪影響!

骨折をすると、運動が制限されますよね。それにより起こる問題が「筋力低下」です。

ギブスで固定すると、1日で1%以上の筋肉量が減少します。2週間で24%以上です。

骨折治療の短縮

筋力を戻すには、治療期間の3倍以上かかります。また筋力バランスが変わるので、フォームに違和感がでることもあります。

また長期治療で、靭帯・腱・筋膜・動脈が硬くなるので、早期回復が重要です。

筋力低下を減らす!

Ⅰ型コラーゲン・ペプチドを食すことで、体内合成量が増加するとされています。それにより早期回復を達成する可能性が高まります。

コラーゲン摂取で合成量アップ
コラーゲン摂取で治癒期間短縮

骨質を高める!

骨の弾力性を高める!

骨の弾力性(反発力)は、線維タンパク質の量と質で決まります。折れにくい骨には重要です。

骨質を高める!

骨質は骨タンパク質の量と質が適切である状態で、結果的に骨密度が高く維持されます。骨粗しょう症の対策にも有効であるとされます。

合成量を増やす!

年齢とともに線維タンパク質の合成量が減少、それに比例して骨代謝も低下する。しかし線維タンパク質の摂取で、合成量の向上が期待されます。

複合傷害をカバー

運動機能そのもの

線維タンパク質は骨の他にも、じん帯・腱・筋膜・動脈などの機能性成分として知られる。

それらの代謝活性化は、回復の促進、運動機能の向上などに大きな影響を与える。

なぜトップ選手が愛用?

その答えは「結果」が出るからです。体の変化に敏感な彼らが選択するには理由があります。その効果を実感しているからです。

プロ選手は、怪我や不調のときは1日2~3包食べています。通常は1包でも期待できます。

スポコラ50%OFF

年末年始キャンペーン

(2023年1月5日のお申込みまで有効)

スポコラ1箱無料
スポコラ2箱無料

FAQ

Q:いつ食べたらいいですか?

タイミングは3つです。運動前、運動後、就寝1時間前です。持久力の維持やロングディスタンスの場合は運動前、激しく体を使った場合は運動後、翌日のコンディションを高めたいときは就寝1時間前が最適です。

Q:1日どれだけ食べたらいいですか?

特に制限はありませんが、通常1日1包、激しい運動や怪我をしているときは2~3包をおすすめしています。

Q:食べ過ぎによる健康被害はありますか?

健康被害の報告はございません。通常の食品にも含まれている成分なので安全です。

Q:通常の食品から摂取できませんか?

一般食品から摂取することはできます。ただし脂質を多く含む食品が多いので注意が必要です。また消化しにくい成分でもあるので、低分子化したペプチドがおすすめです。

Q:アレルギー物質は含まれていますか?

原料の一部に、卵、乳、エビ、カニを含んでいます。

Q:食べ合わせはありますか?

ビタミンCや酸味のある食品とは相性が良いです。相乗効果も期待できます。

Q:冷やしても大丈夫ですか?

大丈夫です。夏場などは冷蔵庫で冷やすことでおいしく召し上がることができます。

Q:温めても大丈夫ですか?

60~65度程度なら問題ありません。ホットレモネードなどと相性が良いです。

Privacy Policy  特定商取引法に基づく記載