良質なコンディションの鍵

フォームにも影響

リカバリー不足とコンディションの関係

コンディションの不調は、肉離れ靭帯損傷関節炎筋膜炎骨折捻挫などの怪我リスクが高まる。

コンディションは、運動後のリカバリーと密接に関係しており、翌日以降のプレーフォームにも影響を与える。

そのコンディションの鍵は、可動域の主要な成分である線維プロテイン」の質と量にある。

肌のうるおいにも関係?

肌のうるおいとコンディション

意外だろうが、肌の潤いと可動域コンディションはリンクする。線維プロテインは靭帯、腱、筋膜などの主成分で、柔軟性・弾力性・強靭性の他、高い保湿力機能がある。

肌のうるおいは、真皮層の70%を占めるコラーゲンなどが保っており、同じ主成分をもつ靭帯・腱・筋膜の保水力の低下が、摩擦を増加させ損傷を大きくしている。

復活のポイント

各部位と線維プロテインの比率

運動機能は「線維プロテインに支配されている」といっても過言ではない。その合成量の低下や劣化が、コンディションやパフォーマンスに大きく影響する。

線維プロテインの種類

【主な種類】【主な機能性】
エラスチン弾力性・粘弾性
Ⅰ型コラーゲン強靭性・修復性
Ⅱ型コラーゲン保水性・クッション性
Ⅲ型コラーゲン弾力性・修復性

通常のタンパク質とは違い「線維状」の構造をもち、エラスチン、コラーゲン、ケラチンなどがある。コラーゲンはさらに、線維の構造と性質により30種類以上ある。

主な比率

摂取による合成量の変化

各部位への影響

靭帯の90%/弾力性・強靭性

40歳で破断率が3割増加!

靭帯の機能性とは?

靭帯は骨と骨をつなぐ線維だ。関節が大きく曲がるたび、若干伸びて引戻す弾力性と、圧力に耐える強靭性がある。弾力性はエラスチン、強靭性はⅠ型コラーゲンの特徴だ。

靭帯の破断負荷

靭帯が劣化する理由

靭帯は耐力の限界を超えると破断してしまう。その限界値は、2つの理由で低下する。

1つはリカバリー不足による「損傷の蓄積」で「疲れ」とも表現される。損傷の修復前に、新たな傷が増える状態だ。もう1つは「加齢」による低下だ。これは線維プロテインの合成力低下が要因とされる。

腱の90%/耐引力の強靭性

切れやすくなる2つの原因

腱は筋膜が骨まで伸びたもので、筋力を骨に伝える働きがある。強力な筋肉の動きに耐える「強靭性」をもつ反面、変質性もある。

加齢による代謝の低下

1つはリカバリーやケア不足で、もう1つが加齢による代謝(合成)の低下だ。

腱を構成するⅠ型コラーゲンの体内合成量のピークは、十代後半から20歳にかけてだ。それ以降は低下の一途をたどる。それにともない腱の修復力も低下する。

リカバリーとケアで劣化阻止

その他オーバーユースや運動不足でも、腱の劣化が起こる。劣化とは腱線維が硬化(老化架橋)することで、切れやすくなる状態を指す。しかし運動後のリカバリーとケアで腱の機能性を維持することが可能だ。

重要なのが「休養」と「栄養」だ。またストレッチなども、細胞の活性には大切だ。休養中に成長ホルモンによって再生や修復が行われる。そのとき必要になるのが栄養だ。

筋膜の90%/スムーズな筋肉動

筋肉のコンディションUPのために!

筋膜は、筋線維、筋束、筋組織をそれぞれ包む、Ⅰ型コラーゲンを主成分にした膜だ。スムーズな筋肉動に影響し、柔軟性と保水性が重要な機能性を支える。

その筋膜のコンディションの低下は、オーバーユース(酷使)や加齢によって起こる。

筋膜が劣化すると・・・

筋膜の劣化とは、線維プロテインの合成量の低下や劣化(老化架橋)により、肉離れなどの筋損傷を起こしやすい状態のことだ。

線維プロテインの合成量低下は、筋膜の柔軟性と保水性の低下を招く。トレーニングやストレッチをしない人も、その傾向は強い。

筋損傷とコラーゲンペプチド

英国ニューカッスル大学の研究で、Ⅰ型コラーゲンの摂取によるVASスコアを示した。

骨の30%/骨質を決定する

折れにくい骨の構造とは?

丈夫で折れにくい骨は「骨質」と「骨量」で決まる。骨量は健全な骨質に依存する。

骨質とは、骨量の30%を占める骨たんぱく質(Ⅰ型コラーゲン)の質と量のことをいう。

つまりⅠ型コラーゲンの減少が、骨量(骨密度)を低下させるということだ。

骨の理想的な構造

骨構造を「鉄筋コンクリート」に例えると、鉄筋がⅠ型コラーゲン、コンクリートがカルシウムだ。鉄筋のない柱や壁は、重圧や横揺れに耐えられず崩れてしまう。適切な鉄筋の量と質が、折れにくい骨の条件になのだ。

Ⅰ型コラーゲンの減少

Ⅰ型コラーゲンの減少によって起こる代表的な症状は「骨粗しょう症」だ。高齢者の症状だと思われがちだが、若年層でも発生する。

特に女性が要注意!

部分的な減少は「疲労骨折」の原因になる。それは過度なストレス、過酷なトレーニング、加齢による。特に女性は、ホルモンの変化や異常でもコラーゲンの流出が起こる。

持久系アスリートも要注意

ロードバイクやマラソンランナーなどの持久系アスリートは、慢性的かつ連続的に骨たんぱく質の破壊を繰り返すことが多い。特に重力を受けにくいロードバイクは、骨再生がスムーズに行われない恐れもある。

加齢による減少

丈夫な骨づくり

丈夫で健康な骨には、Ⅰ型コラーゲンの摂取やバランスの摂れた食生活が大切になる。

軟骨/クッション性と修復力

気づきにくい軟骨損傷

軟骨には痛みセンサーがない。痛みは、関節包などの周辺部位がキャッチしている。つまり気づいたときには、傷害レベルだ。

そのため普段からの「リカバリーケア」が重要になる。その主要成分は「Ⅱ型コラーゲン」と「プロテオグリカン」だ。

軟骨成分として、コンドロイチンとグルコサミンが有名だが、コンドロイチンはプロテオグリカンに含まれる成分で、数種類あるためプロテオで摂取するのがよいとされる。

グルコサミンは合成をサポートする成分で、軟骨成分そのものではない。

動脈と心臓/弾力性

心拍数と血圧

動脈の弾力性がカギ!

動脈には弾力性がある。瞬発的に血流量が増えても、血管壁が膨らみ血圧を吸収し、心臓への負荷を軽減する。

弾力性はエラスチン、高圧時でも破れない柔軟性はⅠ型コラーゲンの機能だ。

弾力性が低下すると!

もしも血管の弾力性が低下すると、血流圧力を吸収できず、心臓への負荷が増え、心拍数が上昇する。さらに高い圧力がかかると、血管の破裂ということも起こりうる。

肌力はバロメーター

肌色で分かるコンディション

真皮層の70%

コラーゲンといえば「美容」が思い浮かぶだろう。それは肌のハリやたるみに関する真皮層の70%がⅠ型やⅢ型コラーゲンだからだ。

靭帯や筋膜は目で見ることはできない。しかし肌の状態は一目瞭然だ。つまり肌のコラーゲン状態が良ければ、運動部位の線維プロテインの状態も良好ということが推測できる。

ターンオーバーの促進

Ⅰ型コラーゲンの摂取で、肌のターンオーバーが活性化するとされている。それは靭帯、腱、筋膜、動脈でもいえることだ。

なぜトップアスリートは

スポコラを愛用するのか?

上野由岐子投手(ビックカメラ高崎所属/東京オリンピック金メダリスト/スポコラアンバサダー

上野 由岐子 投手

女子ソフトボール
ビックカメラ高崎 所属

東京オリンピック金メダリスト/1年を通じて結果を出すことができました。今シーズンも変わらず結果を残していけるように頑張ります。

荻野貴司選手(千葉ロッテマリーンズ所属)/スポコラアンバサダー

荻野 貴司 選手

ベースボール
千葉ロッテマリーンズ 所属

シーズンを通して愛用しています。コンディションがいいようで、体の動きがスムーズです。結果に結びついているように感じています。

安藤誓哉選手/バスケットボール元日本代表/スpコラアンバサダー

安藤 誓哉 選手

男子バスケットボール
B1:島根スサノオマジック 所属

元日本代表/靭帯損傷は長期休養を余儀なくされるので、スポコラを毎日欠かさず食べています。アンバサダーは今年で5年目です。

竹内常讓次選手/バスケットボール元日本代表/スポコラアンバサダー

竹内 讓次 選手

男子バスケットボール
B1:大阪エヴェッサ 所属

元日本代表/コンディションの違和感が少なくなりました。バスケの怪我は重症になることが多いので、毎日スポコラを食べています。5年目です。

柏木真介選手(シーホーク三河所属)/バスケットボール元日本代表/スポコラアンバサダー

柏木 真介 選手

男子バスケットボール
B1:シーホース三河 所属

元日本代表選手/バスケは怪我の多いスポーツです。スポコラのおかげで、怪我や故障を最小限に抑えることができています。5年間愛用しています。

今野泰幸選手/スポコラアンバサダー

今野 泰幸 選手

関東サッカーリーグ1部:南葛SC 所属

サッカー元日本代表/スポコラはジュビロ時代から愛用しています。いつまでも現役で活躍できるように、多めに摂っています。少しでも回復を早めたいですね。

大森幸太郎選手(ジュビロ磐田所属)/スポコラアンバサダー

大森 晃太郎 選手

J1:ジュビロ磐田

スポコラの愛用を始めて、リカバリーの重要性を考えるようになりました。関節を何度も痛めているので、コンディショニングや試合後のケアに、スポコラは欠かせません。

大井健太郎選手(ジュビロ磐田所属)/サッカー元日本代表/スポコラアンバサダー

大井健太郎 選手

J1:ジュビロ磐田

元日本代表/ジュビロ磐田キャプテン/サッカーは怪我が多く、選手寿命も短いとされています。いつまでも現役で戦うために、コンディションのケアがとても大切です。

サッカー元日本代表/北川航也選手(清水エスパルス所属)/スポコラアンバサダー

北川航也 選手

J1:清水エスパルス

サッカー元日本代表/2018年に肉離れを起こし、早期復帰のために使い始めました。予定よりも2週間早く復帰できました。それからハードユーザーです。

トリッキング世界王者 高梁大典/SPOCOLLAアンバサダー

高梁大典 選手

トリッキング

トリッキング世界王者/2017年に世界チャンピョンになって以来、世界トリッキング界を席巻!コンディション維持にスポコラは欠かせない存在に。

フィールドホッケー日本代表/及川栞選手/SPOCOLLAアンバサダー

及川栞 選手

フィールドホッケー:東京ヴェルディ

日本代表選手/コンディションの維持に違いがあるように感じます。日本代表の仲間に紹介したら、みんな喜んで使っています。

導入チーム

SPOCOLLA

SPOCOLLA配合成分

世界No1 アンチドーピング認証

世界で唯一、ドーピング違反に抵触していない認証が「インフォームドチョイス」と「インフォームドスポーツ」だ。スポコラは国内で5番目に認証されている。

インフォームドチョイス

製造ロット毎にイギリスで分析しており、分析結果はHPで掲載されている。物質によってはドーピング基準の100分の1精度の分析を行っている。

発送について/通常営業日の午後12時までのご注文は、当日中に宅配便で発送いたします。九州・北海道・その他離島に関しては、商品到着まで2日以上を要します。

送料について/日本国内であれば、上記の表示にて発送いたします。国外は対象外とさせていただきます。

返品について/理由の如何を問わず、商品到着から2週間以内であれば、全額返金いたします。

その他/発送が遅れる場合は、別途連絡を差し上げます。また商品をもっと良く理解してもらうために、メールをお送りいたしておりますので、ご確認ください。ご注文と同時に、メールの受信を許諾いただいたものとしてお送りいたします。

商品概要

内容量

20g×31包、20g×10包

線維プロテイン

2,625mg/包(Ⅰ型コラーゲン、Ⅱ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン誘導体、エラスチン)

原料名

コラーゲンペプチド(魚由来、ゼラチン含む)、エリスリトール、レモン果汁、エラスチンペプチド(魚由来)、鶏軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸、Ⅱ型コラーゲン含有・鶏含む)、卵殻膜(Ⅲ型コラーゲン誘導体・卵含む)/ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、ビタミンC、甘味料(アセスルファームK、アスパルテーム、L-フェニフアラニン化合物、ソーマチン)、グルコサミン硫酸塩(エビ・カニ含む)、L-ロイシン、L-アルギニン、(原料の一部に乳・大豆含む)

栄養成分表示

1包20gあたり/エネルギー18.6kcal、たんぱく質3.26g、脂質0.02g、炭水化物1.4g、食塩相当量0.01g、V.C192.4mg

栄養機能食品(V.C)

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。本商品は、多量摂取で病気が治癒したり、健康が増進するものではありません。1日の摂取目安を守ってください。(消費者庁)

アレルゲン

原料の一部に、卵、乳、エビ、カニを含みます。

Q&A

いつ食べたらいいですか?

目安は「運動前」「運動後」「就寝1~2時間前」がおすすめだ。「運動前」は筋膜や靭帯などの損傷を低下させることを目的としています。

「運動後」は速やかな修復、「就寝前」は就寝中にもっとも修復作業(成長ホルモンの分泌)が行われるのでその原料としての供給です。

どのくらい食べたらいいですか?

特に制限はありません。一般的には1日1包でOKです。毎日トレーニングをするプロ選手には1日2~3包、怪我や違和感がある時は5包ぐらいをすすめています。

毎日食べなくてはいけないですか?

毎日食べることをおすすめしますが、運動したときだけの摂取でも期待できます。

子供が食べても大丈夫ですか?

問題ございません。ただし1日の栄養バランスを考慮してください。

高齢者が食べても大丈夫ですか?

大丈夫です。是非とも高齢者の方には、積極的に食べていただきたいです。

アレルギーはありますか?

原料の一部に、卵、乳、エビ、カニを含みます。

副反応はありますか?

基本的にはありません。しかし食べ始め初期に、一時的な皮膚のかゆみ、下痢などの症状が、一部の方に現れることがあります。これは血流改善によるものと考えられます。ご心配な方は、最初から大量に摂取せずに、1日1包で様子をみることをおすすめします。また食後に摂取することで、反応が少なくなることもあります。

Privacy Policy 特定商取引法に関する記載